•   >  お中元・お歳暮・ご贈答用として
 
お中元・お歳暮・ご贈答用として
ご希望のお客様には、お熨斗のサービスを承っております。ご希望の方は、ご注文の際にお気軽にお申し付けくださいませ。
ご利用の用途によってお熨斗の種類をお選びいただき、ご希望の商品をご注文ください。
種類については、以下の通りです。
お中元/お歳暮/御年賀/御年始/御礼/粗品/お土産
写真のような箱の中に入れる形でのご対応となります。
※プリンターで印刷します。レイアウト、文字の大きさはお任せください
※水引は、紅白5本(弔事黒白)となります。紅白10本や弔事黄白等承りができません
誠に申し訳ございませんが、当店で販売しております全商品のラッピングにつきましては、お受け出来かねます。ご希望に沿うことができず誠に申し訳ございません。
ただし、お誕生日や入学のお祝いなど、特別なプレゼントとして当店の商品をお使いいただける場合につきましては、ご希望のメッセージカードを商品へ同梱させていただきます。お気軽にお申し付けください。
お熨斗の用途・種類について
贈り物に水引と熨斗の入ったのし紙をかけることが、現在の一般的なギフト包装です。
水引とは贈り物の包み紙を結ぶ紙紐のことで、基本的に本数は奇数で作られており、目的に応じて結び方も異なります。

1、祝いのし 紅白蝶結び

2、祝いのし 結び切り(10本)

3、祝いのし 結び切り(5本/7本)

4、仏のし 仏・藍銀水引

1、一般祝事、お中元やお歳暮などには、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用。紅白の他、金赤、さらに特別な場合には金銀も。別名「花結び」。

2、固く結ばれて離れないことから、主に婚礼関係の祝事に使用。水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、“夫婦は二人で一つ”という意味で5本を二つに合わせたものを一組とするため。

3、重ねて起きてほしくないとの思いを込めて、お見舞いや全快・快気祝いなどに用いられる。お見舞いの場合、“病気を延ばす”と受け取る人もいるため熨斗なしの場合も。

4、二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用。もともとおめでたい時の贈答品に用いられていた熨斗も、もちろんつけません。

ちょっと豆知識
控えめに贈りたい場合は、品物に直接のし紙をかけ、上から包装する“内のし”。贈り物を強調したい時や持参して手渡す場合は、包装後にのし紙をかける“外のし”を使います。シーンに応じて使い分けましょう。


熨斗の書き方について
のし紙の上段中央には表書きを記します。この際文字が水引や熨斗にかからないようにしましょう。
下段には表書きより少し小さく贈り主の名前を書き入れます。

書く時は黒墨の毛筆を使用することが正式とされていますが、最近では筆ペンやサインペン、
フェルトペンで書かれることも多くなりました(ボールペンはNG)。
結婚祝い 寿/御結婚御祝/御歓び/御祝
出産祝い 御安産御祝/御出産御祝/祝出産/御祝
宮参り 御宮参御祝/御祝
初節句 御初節句御祝/祝初節句/御祝
七五三 七五三御祝/御祝
入園・入学・進学・卒業・就職祝い 御入園御祝/御入学御祝/御進学御祝/御卒業御祝/御就職御祝/御祝
成人式 御成人御祝/祝御成人/御祝
長寿祝い 寿福/御祝(61歳…祝還暦、70歳…祝古稀、77歳…祝喜寿、80歳…祝傘寿、88歳…祝米寿、90歳…祝卒寿、99歳…祝白寿、100歳…祝百寿)
病気見舞い 御見舞
新築祝い 新築御祝/御祝
葬儀 御霊前
結婚祝い 寿
出産祝い・宮参り・初節供 内祝 ※名前は子供の名前を記載
入園・入学・進学・卒業・就職祝い、成人式 内祝 ※一般的にお返しは不要で礼状のみ。相手によりお返しする際は「内祝」で。
初節句 御初節句御祝/祝初節句/御祝
長寿祝い 内祝/百寿(還暦・古稀…)内祝
病気見舞い 快気祝/全快祝/内祝
新築祝い 内祝
葬儀
ちょっと豆知識
贈り主の名前の表記は、一般的なお祝いなら苗字のみ、出産の内祝いなら子供の名前、
連名の場合は右から地位や年齢順、地位や年齢が関係ない場合は右から五十音順で記入します。



ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

お電話でのお問い合わせはこちら

【時間】9:00〜12:00、13:00〜17:00
※平日のみ、土日祝祭日を除く

メールでのお問い合わせはこちら

【時間】年中無休、24時間受付
※2〜3営業日以内にご返信します